お世話になった物にも愛情を与えてあげましょう

人間は生きて行く上でいろいろなものを所有し、それを活用しなければ生きてはいけない動物です。
人間には衣食住というものが必要です。
身を守るための着衣や履物、食べるために必要な料理道具や食器類、雨風を凌ぐための家屋、その他にも趣味や娯楽に興じるための道具等たくさんあります。
しかし、それらには人間と同じ寿命というものがあります。
また、衣類の場合であればサイズが合わなくなれば着ることが叶わなくなってしまいます。
そんな時、使えなくなったから捨てる、体に合わなくなったから捨ててしまうという人が多いのではないでしょうか。
しかし最近では衣類はもちろん、壊れてしまって使えなくなったいろいろな道具を買取してくれる店がたくさんあります。
買取の方法も決して難しくもありませんし面倒でもありません。
簡単に言えば、不要になった物をダンボール等に入れておけば、宅配業者や買取業者が取りに来てくれ、査定後にお金を振り込んでくれるという仕組みです。
今までお世話になった物を捨ててしまうのは簡単ですが、買取業者に依頼すれば再生してまた生き返る可能性もあります。
処分するのにも愛情を持って処分したいものです。