正しい価値の目利きが必要な時代

物を売り買いして人は生活をしていきます。
それは目に見える物であったり、または情報や作業など何かを売った対価として金銭やそれに見合った価値をいたただきます。
安く仕入れて高く売る。
商売の鉄則ですが、それを簡易的に行なっているのが、古本や古物の中古販売店やリサイクルセンターです。
買取というシステムを使い、一般の人が持つ眠った商品を商売道具にしているのです。
売り手側もいらなくなった、使わなくなった物をお金に変えられるのであれば嬉しいものですね。
このような需要と供給の成り立ちから私達の生活は成り立っておりますが、買取という手法は交渉次第でいくはでもなりますので、物の市場価値や本質をしっかり見極めた上で正しい価値の選択をしていかなければなりません。
技術の発展と進歩により、安かろう悪かろうという時代は終わりつつあります。
ですのでしっかりとした正しい目利きを持ってないと、知らぬ間に食い物にされてしまうかも知れません。